お知らせ

2011年

2011年09月05日
村島雅弘弁護士が、8月30日に、国際税務研究会主催のセミナーにおいて「トピックスからみる欧州税制・最新実務ガイド」というテーマで講演を行いました。

 日本企業が多数進出している欧州においては、進出先国での税制を理解するとともに、欧州連合としての統一的な税の枠組みを理解することも重要です。セミナーでは、欧州連合における統一的な税制度や近時の欧州での立法動向、主要な加盟国での税制度、および、欧州裁判所の租税に関係する裁判例について解説いたしました。


業務分野: 国際法務税務