お知らせ

2017年

2017年10月19日
籔内俊輔弁護士が、執筆に参加した金井貴嗣、泉水文雄、武田邦宣編『経済法判例・審決百選〔第2版〕』が、有斐閣より刊行されました。

経済法判例・審決百選は7年ぶりに全面改訂されました。動きの速い経済法分野の近年の重要判例・審決等に加え、本版からは企業結合事例や相談事例をも織り込んで、内容もブラッシュ・アップされています。

経済法を学習しようとする方が躓きやすい論点を丁寧に解説しており、理解の底上げを図るための一冊となっています。また、事例の数も133項目と充実したものとなっています。

籔内弁護士は、同書で鋼管杭カルテルに関するクボタ事件(東京高判平成24年2月24日審決集58巻第2分冊166頁、同書104事件)を担当しており、1つの商流に複数の違反行為者が関与している場合の課徴金納付命令の名宛人に関する考え方について、同裁判例の事案の概要及び判決要旨の紹介及び過去の事例との整合性や同裁判例の意義・射程等について解説をしています。

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641115347



業務分野: 独占禁止法/競争法