お知らせ

2018年

2018年03月10日
ダルジュゾン・アリックス(フランス)弁護士、生田美弥子弁護士による「フランス仲裁法実務概論(下)」が「JCAジャーナル」第65巻第3号(通巻729号・平成30年3月10日発行)に掲載されました。

国際契約の仲裁条項の仲裁地として、パリは非常によく選択される都市のひとつです。本稿では、北浜法律事務所のヨーロッパ・プラクティス・グループを代表して、フランスでの仲裁実務経験を有するダルジュゾン仏弁護士と生田弁護士がタッグを組み、パリを仲裁地とすることが何を意味するのかを掘り下げて、フランスのリベラルな仲裁実務の概説とともにご説明しています。


業務分野: 国際法務