お知らせ

2018年

2018年07月13日
堀野桂子弁護士が、2018年7月13日、一般社団法人金融財政事情研究会主催の第212回金融法務研究会において「民事信託と金融実務への影響」と題する講演を行いました。

 堀野桂子弁護士は、一般社団法人金融財政事情研究会主催の第212回金融法務研究会において「民事信託と金融実務への影響」と題する講演を行いました。この講演では、昨今の民事信託を取り巻く環境や信託の基本的な仕組みを紹介したうえで、民事信託の具体的なスキーム、信託設定時の問題点(遺留分侵害など)や、金融実務における問題点(信託口口座の開設、信託内借入れなど)をテーマに取り上げて解説しました。


業務分野: ファイナンス一般民事・家事・刑事