ニューズレター

2013年

2013年03月12日
「東京地判平成24年7月6日 土地の賃借人が工事を施工し、地中に底盤コンクリートを残置したまま返還し、賃貸人らが土地上にマンションを建築した場合、残置による損害が認められないとして、賃借人の債務不履行、不法行為が否定された事例」
不動産・建築・ニューズレターVol.1

添付ファイル:不動産・建築・ニューズレターvol1.pdf
著者等: 酒井 康生 、小西 毅
業務分野: 争訟一般民事・家事・刑事