ニューズレター

2014年

2014年09月18日
「インド仲裁調停法改正に関する最新動向のご紹介」
国際紛争解決ニューズレターVol. 4

添付ファイル:国際紛争解決ニューズレターvol.4.pdf

 2014年8月6 日、インド政府の委託を受け、インド法委員会は、インド仲裁調停法(Arbitration and Conciliation Act, 1996。以下「現仲裁法」といいます。)の改正に関するレポート(Amendments to the Arbitration and Conciliation Act 1996)を公表しました。同レポートは、インド国内及びインド国外を仲裁地とする仲裁に関する規律について、運用の現状について説明を加えた上で、その利用の促進等のために、法改正を提案するもので、①改正の背景、②委員会の検討内容、そして、③検討を踏まえた改正案の提案の三部により構成されています。
 本稿においては、同レポートのうち、実務上特に重要であると思われるインド国外を仲裁地とする仲裁に関する改正案について、その背景にある最高裁判所判決の変遷と併せてご紹介します。

著者等: 児玉 実史酒井 大輔 、松下 外
業務分野: 国際法務争訟