ヨーロッパ

北浜法律事務所は、ヨーロッパ関連業務(ヨーロッパプラクティス)でも他の国際法律事務所にはないサービスを提供いたします。
ビジネスがグローバル化し多様化する昨今、日本企業にとってヨーロッパは重要な投資先であり市場であり、ヨーロッパ企業にとって日本は高度な技術、堅実なインフラ、そして強固な法制度を持つ成熟した市場であり続けています。当事務所は、アジアとヨーロッパのいずれにおいてもビジネスをサポートするため、インバウンド、アウトバウンド案件、両方ともについて、豊富な知識に基づく効率的かつコストパフォーマンスの高いリーガルサービスを提供いたします。

当事務所では、日本語、英語のみならず、フランス語やチェコ語での対応が可能でかつヨーロッパの法律及びビジネスの実務に精通した経験豊富な弁護士を中心とするヨーロッパプラクティスグループを構成しています。ヨーロッパプラクティスグループでは、ヨーロッパに関連するリーガルサービスの知見を集約するとともに、イギリス・フランス・ドイツの著名な弁護士事務所や、中欧・東欧諸国を含むヨーロッパの多くの国々の弁護士事務所とのネットワークを積極的に構築して参りました。

実際の事件では、現地実務に精通した北浜法律事務所の弁護士が、現地の実務、言語に精通し、現地弁護士を起用してタッグを組むことにより、幅広い法分野においてより優れたリーガルサービスを実現してまいりました。具体的には、日本企業とヨーロッパ企業との間のM&A、契約交渉、知的財産、競争法、国際商事紛争、ヨーロッパ企業の日本進出や、訴訟や仲裁による紛争解決手続に数多く携わり、豊富な経験と知識を積んでおります。

これからも、本業のビジネスに安心してご専念いただけるよう、ビジネスのあらゆる法的側面に関して、日本及びヨーロッパの両方において、最高のサポートをご提供いたします。

メンバー

関連する著作・論文

関連するニューズレター/ローレビュー

関連するお知らせ