ファイナンス

経済の高度発展は資金需要の拡大と多様化をもたらし、金融・資本市場もかかる資金需要の変化に応えるべく大きく変容を遂げてきました。そこでは、様々な資金調達手法や金融商品が開発され、それらを支える法令・制度面の整備も大きく進みました。さらには、経済のグローバル化は必然的に金融のグローバル化をももたらしています。このような金融イノベーションの動きは今後もさらに加速していくものと思われ、当然ながら、我々弁護士に対するリーガル・ニーズも、複雑化、専門化、グローバル化し、金融取引に絡む法的問題の分析や各種資金調達スキームの策定に際しても、高度の専門知識が要求されるようになっています。当事務所は、銀行・信託銀行その他の金融機関、ノンバンク、投資ファンド、投資運用・助言会社、投資法人等、多種多様な金融関連のクライアントを持ち、従来型の個別融資案件やシンジケートローンはもちろんのこと、不動産や金融債権等の資産流動化や私募ファンド、REIT、エクイティ・ファイナンス、メザニン・ファイナンス、M&Aファイナンス、事業再生案件等におけるDESやDDS、エグジット・ファイナンス等々、あらゆるファイナンス領域をカバーし、これらの案件において、法的助言・分析・評価、ストラクチャー組成、SPV設立、各種ドキュメンテーション、債権回収、交渉・裁判対応等、幅広く対応してきました。また、金融コンプライアンスの導入も積極的に提言し、コンプライアンスの確立に向け、知識と経験に基づいた法的助言を行っています。

関連するセミナー・講演関連するセミナー・講演一覧

2018年10月19日
信託受益権売買業の為の法務と実務(中森 亘、堀野 桂子、本岡 佳小里)
2018年07月13日
民事信託と金融実務への影響(堀野 桂子)
2018年06月22日
信託受益権売買業の為の法務と実務(中森 亘、堀野 桂子、本岡 佳小里)

関連する著作・論文関連する著作・論文一覧

金融判例に学ぶ 営業店OJT(融資業務編) 地上建物に対する仮差押えが本執行に移行して強制競売手続がされた場合における法定地上権の成否(阿久津 匡美)
商工中金の新たなビジネスモデルは成り立つのか(吉田 広明)
ライツ・オファリングに係る新株予約権証券の上場制度の見直しおよびエクイティ・ファイナンスのプリンシプルについて(谷川 聡)

関連するニューズレター/ローレビュー関連するニューズレター/ローレビュー一覧

2016年04月20日
「各種財産の共同相続と相続法の改正について」(堀野 桂子、太田 慎也)
2016年02月15日
「反社会的勢力と信用保証契約の錯誤無効」(中森 亘、太田 慎也)
2015年02月26日
「マイナンバー法と事業者・金融機関に求められる 実務対応」(堀野 桂子)

関連するお知らせ関連するお知らせ一覧

2018年07月13日
堀野桂子弁護士が、2018年7月13日、一般社団法人金融財政事情研究会主催の第212回金融法務研究会において「民事信託と金融実務への影響」と題する講演を行いました。
2017年11月27日
吉田広明弁護士が執筆した「商工中金の新たなビジネスモデルは成り立つのか」が、週刊金融財政事情2017年11月27日号に掲載されました。
2017年10月12日
堀野桂子弁護士が、10月12日、日本公認会計士協会関西地区三会共催研修会において「提案力に差がつく!信託の基本と活用事例」と題するセミナーの講師を務めました。