国際法務

国際法務を一つの専門分野であるかのように表現する時代は過ぎ去りました。今や殆どの日本企業が、海外に進出するか少なくとも海外企業との取引を行っています。当事務所においても、国内案件と国際案件間の垣根が消滅し、多くの弁護士が米国等の海外の弁護士資格を併有しているだけでなく、文字通り「毎日」国際案件の対応に奔走しております。対応可能な国も、北米、南米、欧州、中国、台湾、韓国、インド、東南アジア、豪州、中東、ロシア等と幅広く、世界各国に多数の協力事務所を有しております。分野としても、物品の輸出入、販売代理店契約、現地での工場設立等の通常の商取引から、M&A、大規模資金調達、知財、技術移転、独禁法、タックス、国際紛争まで、あらゆる取引及び法分野を取り扱っております。今後は海外事務所との協力関係を強化すると共に所内の国際化を更に進め、日本で有数の国際法務チームを作り上げていく計画を有しております。

関連するセミナー・講演関連するセミナー・講演一覧

2018年08月24日
アジアビジネスリスク管理セミナー(田島 圭貴、日野 真太郎、唐 麗花)
2018年07月13日
入門!もう怖くない 英文契約書の読み方と作り方(坂元 靖昌、下西 正孝)
2018年07月11日
米国におけるディスカバリ&特許法 最新情報/営業秘密の保護とデータ保護・GDPRについて(荒川 雄二郎、生田 美弥子)

関連する著作・論文関連する著作・論文一覧

米国のベンチャー・ファイナンスにおける優先株主と普通株主の利益相反関係〔下〕(喜多野 恭夫)
米国のベンチャー・ファイナンスにおける優先株主と普通株主の利益相反関係〔上〕(喜多野 恭夫)
中国民事訴訟法《条文・日中比較・要点解説》〔8〕(酒井 大輔、日野 真太郎、唐 麗花)

関連するニューズレター/ローレビュー関連するニューズレター/ローレビュー一覧

2018年08月01日
ブランドオーナーの法的権限を強化するEU 判決の登場(メステッキー ジェリー)
2018年04月02日
従業員から労働審判を申立てられた場合の対応(下西 正孝)
2018年03月27日
日EU間相互の十分性認定に向けた作業の動向(生田 美弥子、細井 南見)

関連するお知らせ関連するお知らせ一覧

2018年08月16日
喜多野恭夫弁護士が執筆した「米国のベンチャー・ファイナンスにおける優先株主と普通株主の利益相反関係〔下〕」が、国際商事法務Vol.46 No.8(通巻674号)に掲載されました。
2018年07月31日
田島圭貴弁護士、日野真太郎弁護士、唐麗花中国律師が、2018年8月24日、三井物産クレジットコンサルティング株式会社主催のセミナー「アジアビジネスリスク管理セミナー」で講師を務めます。
2018年07月17日
喜多野恭夫弁護士が執筆した「米国のベンチャー・ファイナンスにおける優先株主と普通株主の利益相反関係〔上〕」が、国際商事法務Vol.46 No.7(通巻673号)に掲載されました。