国際法務

国際法務を一つの専門分野であるかのように表現する時代は過ぎ去りました。今や殆どの日本企業が、海外に進出するか少なくとも海外企業との取引を行っています。当事務所においても、国内案件と国際案件間の垣根が消滅し、多くの弁護士が米国等の海外の弁護士資格を併有しているだけでなく、文字通り「毎日」国際案件の対応に奔走しております。対応可能な国も、北米、南米、欧州、中国、台湾、韓国、インド、東南アジア、豪州、中東、ロシア等と幅広く、世界各国に多数の協力事務所を有しております。分野としても、物品の輸出入、販売代理店契約、現地での工場設立等の通常の商取引から、M&A、大規模資金調達、知財、技術移転、独禁法、タックス、国際紛争まで、あらゆる取引及び法分野を取り扱っております。今後は海外事務所との協力関係を強化すると共に所内の国際化を更に進め、日本で有数の国際法務チームを作り上げていく計画を有しております。

関連するセミナー・講演関連するセミナー・講演一覧

2018年07月11日
米国におけるディスカバリ&特許法 最新情報/営業秘密の保護とデータ保護・GDPRについて(荒川 雄二郎、生田 美弥子)
2018年06月08日
米国ベンチャー投資契約の基礎~短時間でわかるNVCAによるタームシートの条項と米国の最新判例~(喜多野 恭夫)
2018年06月04日
北浜法律事務所・ジェナー&ブロック共催 営業秘密保護セミナー ~日米での適切な営業秘密保護対応及び近時のトレンド~(メステッキー ジェリー、下西 正孝)

関連する著作・論文関連する著作・論文一覧

中国民事訴訟法《条文・日中比較・要点解説》〔8〕(酒井 大輔、日野 真太郎、唐 麗花)
ダルジュゾン・アリックス(フランス)弁護士、生田美弥子弁護士による「フランス仲裁法実務概論(下)」が「JCAジャーナル」第65巻第3号(通巻729号・平成30年3月10日発行)に掲載されました。(生田 美弥子、ダルジュゾン アリックス)
フランス仲裁法実務概論(生田 美弥子、ダルジュゾン アリックス)

関連するニューズレター/ローレビュー関連するニューズレター/ローレビュー一覧

2018年04月02日
従業員から労働審判を申立てられた場合の対応(下西 正孝)
2018年03月27日
日EU間相互の十分性認定に向けた作業の動向(生田 美弥子、細井 南見)
2018年03月27日
对日投资基础知识(二)《公司的组织机构及其成员构成》(酒井 大輔、池野 幸佑、日野 真太郎、唐 麗花、常 偉)

関連するお知らせ関連するお知らせ一覧

2018年05月22日
ジェリ・メステッキー弁護士、下西正孝弁護士が、2018年6月4日、北浜法律事務所・ジェナー&ブロック共催の営業秘密保護セミナー~日米での適切な営業秘密保護対応及び近時のトレンド~で講師を務めました。
2018年04月16日
喜多野恭夫弁護士が2018年6月8日、経営調査研究会主催のセミナー「米国ベンチャー投資契約の基礎~短時間でわかるNVCAによるタームシートの条項と米国の最新判例~」(東京開催)で講師を務めます。
2018年04月15日
中国プラクティス・チームが執筆した連載記事「中国民事訴訟法《条文・日中比較・要点解説》〔8〕国際商事法務(2018年4号)Vol.46 No.4(通巻670号)に掲載されました。