国際法務

国際法務を一つの専門分野であるかのように表現する時代は過ぎ去りました。今や殆どの日本企業が、海外に進出するか少なくとも海外企業との取引を行っています。当事務所においても、国内案件と国際案件間の垣根が消滅し、多くの弁護士が米国等の海外の弁護士資格を併有しているだけでなく、文字通り「毎日」国際案件の対応に奔走しております。対応可能な国も、北米、南米、欧州、中国、台湾、韓国、インド、東南アジア、豪州、中東、ロシア等と幅広く、世界各国に多数の協力事務所を有しております。分野としても、物品の輸出入、販売代理店契約、現地での工場設立等の通常の商取引から、M&A、大規模資金調達、知財、技術移転、独禁法、タックス、国際紛争まで、あらゆる取引及び法分野を取り扱っております。今後は海外事務所との協力関係を強化すると共に所内の国際化を更に進め、日本で有数の国際法務チームを作り上げていく計画を有しております。

関連するセミナー・講演関連するセミナー・講演一覧

2017年03月17日
中小企業の海外展開における法務上の留意点について(坂元 靖昌)
2017年03月07日
「英文契約書の基礎」(下西 正孝)
2017年02月24日
海外ビジネス・リスクマネジメントセミナー ~東南アジア・ビジネスにおける法的リスク対応~(下西 正孝)

関連する著作・論文関連する著作・論文一覧

TPP(環太平洋経済連携協定)が我が国の法律実務・弁護士業務に与える影響(坂元 靖昌)
仲裁条項の正しい書き方(児玉 実史)
中国民事訴訟法《条文・日中比較・要点解説》〔6〕(酒井 大輔、安藤 勝利、日野 真太郎、唐 麗花)

関連するニューズレター/ローレビュー関連するニューズレター/ローレビュー一覧

2017年03月21日
「フィリピンの個人情報法・施行規則 その2」(下西 正孝、河浪 潤)
2017年02月27日
「タイの投資(下)投資奨励制度」(坂元 靖昌)
2017年01月31日
「フィリピンの個人情報法・施行規則 その1」(下西 正孝、河浪 潤)

関連するお知らせ関連するお知らせ一覧

2017年03月21日
坂元靖昌弁護士が尼崎信用金庫主催の「尼崎国際ビジネス交流会」セミナーで講師を務めました。
2017年02月17日
坂元靖昌弁護士と下西正孝弁護士が2017年2月17日、太陽グラントソントン主催の「アジア各国の海外子会社管理の事例紹介と重点ポイント」セミナーにおいて講師を務めました。
2017年01月18日
日野真太郎弁護士・唐麗花中国律師が「中国企業との取引契約に際して理解しておくべき基本知識」と題するセミナーで講師を務めました。