労働法務

労働法の分野においては、近時、関係諸法令が頻繁に新設、改正されています。そのスピードに対応したコンプライアンスの要請がますます強くなる一方、新たな制度を積極的に事業戦略に生かすことが重要になっています。
当事務所は、労働法務の分野においても、情報・知識の共有を合理化し、労働法・制度の変革の動きを迅速かつきめ細かくキャッチアップし、常に的確なアドバイスができる体制を整えております。また、賃金・解雇・人事権行使等に関する相談・指導、労働組合との団体交渉、地方労働委員会への救済申立て事件、各種労働あっせん・労働審判・訴訟事件等諸手続対応といった従来型の分野はもとより、周辺諸法令も含むコンプライアンスの指導、会社分割に伴う労働契約承継手続等の指導及び今や世界中でビジネスを展開する企業に対し、必要に応じて現地弁護士と共同しつつ各種労働法務のご相談に応じる等、幅広い労働法務を取り扱っています。
なお、所内には行政書士も常駐しており、雇用に伴い生じる社会保険上の問題や就労ビザの問題等についてもワンストップでご相談いただくことも可能です。

関連するセミナー・講演関連するセミナー・講演一覧

2017年05月11日
労働時間管理はそのままで大丈夫ですか?― 長時間労働規制とコンプライアンスを考える ―(坂元 靖昌)
2016年11月22日
派遣法の重要改正ポイント~派遣労働者が直接雇用になる!?~(磯野 賢士)
2016年11月10日
ibbなでしこ塾(橋本 道成)

関連する著作・論文関連する著作・論文一覧

労働契約承継法施行規則・指針および事業譲渡等指針の改正等と実務上の留意点(塩津 立人、小野上 陽子、覺道 佳優)
ビジネス法務Q&A 中小企業の海外展開⑥ 中小企業のフィリピンへの展開(下西 正孝)
巻頭言 「パワハラ」を「しない、させない」職場にするために(山本 健司)

関連するニューズレター/ローレビュー関連するニューズレター/ローレビュー一覧

2016年04月01日
「近時のメンタルヘルス対策の実務」(塩津 立人、前園 健司)
2015年07月27日
「フィリピン労働法(1)」(児玉 実史、塩津 立人、下西 正孝)
2015年01月07日
「タイの労働者保護法について」(田中 亜希、坂元 靖昌)

関連するお知らせ関連するお知らせ一覧

2017年05月12日
坂元靖昌弁護士が関西圏国家戦略特区「雇用労働相談センター」主催の「第1回公開セミナー」において講演を行いました。
2016年10月13日
塩津立人弁護士、小野上陽子弁護士と覺道佳優弁護士が執筆した「労働契約承継法施行規則・指針および事業譲渡等指針の改正等と実務上の留意点」が、商事法務No.2112に掲載されました。
2016年08月25日
坂元靖昌弁護士が「労働者派遣法の重要改正ポイント」と題するセミナーで講師を務めました。